バイクを売るときに用意しておかないといけないもの

バイクを売るときに用意しておかないといけないもの

 

バイクを売るときに用意しておかないといけない4つのもの

 

 

いざバイクの売ることが決まったら、「このバイク売ります!」だけではいけません。

 

 

バイク本体以外にも売るときに必要な書類はいくつかあります。

 

 

2度手間3度手間にならないように、きちんと必要なものを用意しておきましょう。

 

 

 

バイクを売るときに必要な書類

 

バイクを売るときに必要なものは主に4つです。

 

@車検証
 (250cc以下の場合は、軽自動車届出済証)
 (125cc以下の場合は、標識交付書)

 

A自賠責保険証

 

B印鑑

 

C身分証明書
 (運転免許証/保険証/写真入り住基カード/パスポートのいずれか)

 

 

この上記4点がバイクを売るときには必ず必要になってきます。

 

 

 買取業者によっては通帳が必要なことも!

 

 

あと、ときどき買取業者によっては金額が高額になると、口座振り込みによる支払いをするところもあるので、通帳またはキャッシュカードも用意しておくとなおいいと思います。

 

 

未成年/名義人と契約者が違う場合は電話がある

 未成年・名義が違うときは同意の電話確認がある

 

 

またバイクを売るときに未成年や名義人と契約者が違う場合は、売る前に親権者の同意確認、名義人の同意確認が行われます。

 

ですので、未成年・名義人と契約者が違う時は、必ず前もってバイクを売るときは名義人・親権者に話をしておくようにしましょう。

 

 

※電話だけでなく同意書が必要になる場合もあります。

 

 

 

まとめ

 

バイクを売るときに基本必要なものは、車検証・自賠責保険証・印鑑・身分証明書になります。

 

これら4つは必ず手元に用意しておいて、あとは必要に応じて必要なものがあれば提出するにしましょう。

 

 

 

引き続きよく読まれているサイト内記事

 

【高い買取店ランキング】

高く売れるバイク買取業者ランキング2019!
高く買取してくれるバイク買取業者ランキング2019


【買取業者の買取が高い理由】

バイク買取業者が一番高く売れる理由とは?
バイク買取業者がバイクを高く買取してくれる理由

TOPへ