バイクのエンジンオーバーホール(エンジンOH)の費用相場はいくら?

 

バイクと長く付き合っているとエンジンオーバーホール(エンジンOH)の修理をするという選択肢を迫られることがあります。

 

 

大切に乗ってきている愛車だからこそ、今後も付き合っていくためにはなんとかしたいところです。

 

 

ただエンジンオーバーホール(エンジン修理)はとても大変です。

 

 

 

なぜならバイクのエンジンは基本タンクやカウルなど、さまざまな部品の中に設置されています。したがってそもそも修理をするにも即修理というのがなかなか難しい部類になります。

 

 

 

バイクエンジンの修理はタンクやキャブ(インジェクション)など様々な部品をとり外したりして、はじめてエンジン部分とご対面して作業を行っていきます。

 

 

 

エンジンの中でも上部部品のピストン(ピストンリング)やガスケットなどの取り換えだけならまだいいのですが、エンジン下部のシャフトやミッションなどを交換・修理となるとバイクからエンジンを外す必要もでてきてさらなる作業工程が必要になってきます。

 

 

エンジンを外してからやっとのことエンジンをばらす作業に突入。

 

 

 

 

エンジンをばらしたら新しいガスケットやピストン・バルブなどの消耗部品などを組み替えて、エンジンをバイクのフレーム上に戻して、さらに修理したエンジンとバイクの調整がはじまります。

 

 

 

通常のよくあるタイヤやプラグ交換のような整備とは違い、エンジンオーバーホール(エンジンOH)作業は新しい部品に組み替えるだけでなく、調整も行うため時間も手間もかかり一苦労です。

 

 

 

エンジンオーバーホールは作業の手間がかかるため修理費用が高くなることは分かっているけど、エンジンオーバーホールは実際にお願いするとなるといくらくらいかかるものなのか?

 

 

 

頼んだことがないといくらかかるか費用相場も分からないから気になりますよね。

 

 

 

そこで今回はバイクエンジンのオーバーホール費用についていくらくらいかかるものかまとめてみました。

 

 

エンジンオーバーホール(エンジンOH)の費用相場

 

まず結論からいきましょう。費用目安として・・・

 

 

バイクのエンジンオーバーホールの費用相場は10万円〜50万円程度が目安です。

 

 

すごい高い。。。

 

そして大きい価格差ですね。。。

 

 

ただかかる費用が10万と50万では大違い。。。

 

 

 

ただこれでは修理費用の金額差が大きすぎて相場が読めないですね(^_^;)

 

 

エンジンオーバーホール(エンジンOH)修理費用の価格差が大きく異なる理由としては、オーバーホールするエンジンの種類や実施する車種によっても違いますが、一番大きい修理費用の変わる理由としてはどこまでエンジンを直すかというところがポイントになってきます。

 

 

 

エンジン腰上・腰下修理の各費用相場

 

エンジン整備には大きく分けて腰上と腰下の2つの部位に分かれています。

 

 

エンジン腰上修理 【ピストンリングなど】

 

エンジン腰上部分の修理
⇒⇒10万〜20万目安

 

1つは、エンジンの腰上部分。

 

 

このエンジン腰上部分では、エンジンのパワーをつかさどるために上下に動くピストン部分の修理を主に行います。

 

 

交換する部品としては、ピストン・ピストンリング・バルブなどがあげられます。

 

 

エンジンの中でも特に消耗しやすい部品の集まっている箇所なのでエンジンオーバーホールにあたっては一番必須とも取れる場所です。

 

 

この腰上部分が原因でエンジンが壊れているかどうかは分かりませんが、ここだけの修理ならまだ比較的安く済ませることができるように思います。

 

 

腰上部分だけのエンジンオーバーホール費用としては、車種にもよりますがだいたいの目安として10〜20万円くらいを見ておけばいいのではないかなと思います。

 

 

エンジン腰下修理 【ミッション・シャフトなど】

 

エンジン腰下部分の修理
⇒⇒20万〜30万目安

 

続いてもう一つは、エンジンの腰下部分。

 

 

さきほどピストンの話をしましたが、今度はそのピストンの下についてるシャフトの部分です。

 

 

このシャフトがエンジンのピストンが上下に動くようにするためにくるんくるんと回ります。

 

 

エンジンが高回転になるとこのシャフト自体がものすごいスピードで動き続けるものなので、こちらもピストン同様に消耗していきます。

 

 

ピストンの部分は大丈夫だけどクランクシャフトがぐちゃぐちゃになってエンジンが壊れているケースも普通にありえます。

 

 

腰下部分だけのエンジンオーバーホール費用としては、目安として20〜30万円くらいを見ておけばいいのではないかなと思います。

 

 

ただ腰上だけを直すということはあっても腰下だけを直すということはほとんどないので、腰下を直す場合は腰上とセットで直すことの方が多いようです。

 

 

 

排気量ごとのエンジンオーバーホール費用目安

 

さきほど説明してきたようにエンジンは直す部分によって費用が異なります。ですがさらに原付(50ccクラス)と400ccクラスなどの大きいエンジンによっても修理費用は変わってきます。

 

原付クラスの小さい単気筒エンジンだと
腰上のオーバーホールだけだと5〜10万円程度
腰下までオーバーホール実施で20〜30万円程度

 

400クラスなどの大きいエンジンだと
腰上のオーバーホールだけだと10〜15万円程度
腰下までオーバーホール実施で30〜50万円程度

 

費用目安としてはこんな感じだと思います。

 

 

いずれにしても、たっ高いですね(^o^;)

 

 

しかも上記の金額はあくまでも目安なのでこの金額よりも下がったり上がったりする可能性は十分にありえます。

 

 

さらに言うと、現行車ではない旧車だとなかなかパーツが手に入らないものやエンジンを直すと同時にほかの部分の調整が必要になるバイクだとエンジンオーバホール費用として50万円以上かかることも場合によってはあります。

 

 

なのでエンジンのオーバーホール(エンジンOH)をするというのはよほどのときと考えていいでしょう。

 

 

 

まとめ

 

今回はバイクのエンジンオーバーホール(エンジンOH)費用についてまとめてきました。

 

 

エンジンオーバーホールってホント高いですね。

 

 

それくらいエンジンの修理は作業することが手間なこと。また実施するとなると交換する部品が多いことを覚えておきましょう。

 

 

原付クラスでも10万〜20万かかってしまうようなエンジンオーバーホールはバイクの修理にとってホント一大事なことです。

 

 

実際にエンジンオーバーホールを行う場合は、作業をお願いするバイク屋・修理業者に問い合わせしてしっかり見積りを立ててもらうようにしましょう。

 

 

ただオーバーホール自体は基本費用が高くつくのがあたりまえなので、「どうしても今乗っているバイクに乗り続けたい!」という以外はエンジン修理をしないほうが無難だと思います。

 

 

 

エンジンの調子が悪くて乗ることが難しくても・エンジン自体がかからなくても普通にバイクの買取自体はしてもらえるものだし、ニーズのある人気のバイクだと普通に買取に値段もついたりもします。

 

 

 

「直す」という選択肢以外にも、費用がかなりかさむのでこの機会に「売る」ということを考えるのも1つの手だと思います。

 

 

買取にいい値段がつけばそのまま売ってお金にするだけでもいいし、他のバイクに乗り換えするということもできるので今のバイクでないとダメだということがなければ「手放す」ことで今後の可能性が広がるかなと個人的には思います。

 

 

エンジン不調・エンジン不動のバイクでも意外と普通に買取はしてもらえます。

 

 

とりあえず今の現状の自分の愛車がいくらになるか確認してみたい方はバイク買取業者のオンライン無料査定サービスを試してみてください。

 

 

 

 

 

 

よく見られている記事

バイク買取業者ランキング!バイク買取業者が一番高く売れる理由とは?ドラッグスター400が一番高く売れるお店とは?

バイクの寿命は何kmくらいなの?事故ったバイクも売れるの?バイクを売るベストタイミングとは?

ドラッグスター400(VH01J)の買取相場は?ドラッグスター250の買取相場は?CB400SFの買取相場は?