バイクを売るのなら2月か3月がいい理由

バイクを売るなら2月3月が一番いい時期

 

バイクを持ってるけど、最近乗ってないしこれからもちょっと乗ることが少なそうだからバイクを売ろうか、手放そうかと迷っている方向けに今回記事を書きました。

 

 

「バイクを売るのなら2月・3月はけっこう狙い目です。」

 

 

なぜ2月・3月が狙い目かその理由は主に3つあります。その詳細をお伝えしていきますね!

 

 

 新しくバイクを購入する人が3月下旬から多く出るため

 

 

3月の下旬から5月くらいにかけて入学・入社・転勤など新しい場所においての足確保としてバイクを購入する人たちが増えてきます。

 

 

バイク屋・バイク業者としては新しく購入する人たちが増えるタイミングで在庫をたくさん確保しておくことにより販売にもつなげることができるため、2・3月は優先して買取をしてくれる傾向にもあります。

 

 

 3月下旬からバイク購入者が増える!業者・お店は在庫確保のためにも高く売れる!

 

 

 

 4月にバイクを持っていると税金がかかるから

 

 

続いての理由はここです。バイク所持に税金がかかること。

 

4月1日時点でバイクを所有しているだけで税金がかかってしまいます。

 

各バイクの排気量ごとにかかる税金は違います。下記の対応表で確認しましょう。

 

排気量

軽自動車税額

バイク車種例

50cc以下

2000円

Ape50など

50〜90cc

2000円

カブ90など

91〜124cc

2400円

アドレスV125など

125〜249cc

3600円

VTR250など

250cc以上

6000円

CB400SFなど

 

250cc以上(いわゆる車検有車両)となってくると6000円もバイク所有として税金を払わないといけません。

 

普段からよく乗るバイクならまったく問題ありませんが、ほぼ乗らないようなバイクだとしたらもったいないですね。

 

 

 バイクに乗らないのなら税金を払うのがもったいない

 

 

 

 バイクを売るタイミングは早い方がいいから

 

 

ほとんどのバイクは基本的には年数がたてばたつほど車両の価値は下がってくるので、売りに出すのなら早ければ早いほどいいです。

 

 

人気の旧車や限定車種などのレアな車両については話が変わりますが、そうでないものについては年々バイク自体の価値は下がっていくのが普通です。

 

 

来年になると買取額が2〜3万下がったりするのもありますし、車両によってはいっきに5〜10万ガクッと車両価値が下がってしまうこともまれにあります。

 

 

車両によって変わってくるので一概に言えないので難しいところではありますが、全体的に言うと買取してもらえる金額はどんどん下がるので注意しておきましょう。

 

 

 バイクの価値は時間が経つほど下がる!1年も経てば価値は下がる。年度が変わる前・早い方が買取は高い!

 

 

 

以上3つが2月・3月にバイクを売った方がいい理由でした。

 

 

【2月・3月にバイクを売った方がいい理由まとめ】
@新しくバイクを購入する人が3月下旬から多く出るため
A4月にバイクを持っていると税金がかかるから
Bバイクを売るタイミングは早い方がいいから

 

特にポイントは「新しくバイクを購入する人が3月下旬から多く出るため」ですね。

 

バイクを購入する人が増える前の時期は買取する方も比較的高く頑張ってくれる傾向にあります。したがって一番売れない冬場を過ぎて暖かくなり始める少し前の2月・3月がバイク売却には一番最適だと言えます。

 

 

3月下旬よりバイク購入ニーズが高まりますし、このままいくと4月に税金もかかってしまうようになるので、2月・3月にバイクを手放すというのは時期的には特によいタイミングです。

 

 

 

 

バイクお試し査定はこちら

 

 

 

 

スポンサードリンク