バイクを売るのなら2月か3月の時期が一番いい理由

バイクを売るのなら2月か3月がいい理由

バイクを売るなら2月3月が一番いい時期

 

バイクを持ってるけど、最近乗ってないしこれからもちょっと乗ることが少なそうだからバイクを売ろうか、手放そうかと迷っている方向けに今回記事を書きました。

 

バイクを売るのなら2月・3月はけっこう狙い目です。なぜ2月・3月が狙い目かその理由は主に3つあります。

 

 4月にバイクを持っていると税金がかかるから

 

 

一番の大きい理由はここです。税金がかかること。

 

4月1日時点でバイクを所有していると税金がかかってしまいます。

 

各バイクの排気量ごとにかかる税金は違います。下記の対応表で確認しましょう。

 

排気量

軽自動車税額

バイク車種例

50cc以下

2000円

Ape50など

50〜90cc

2000円

カブ90など

91〜124cc

2400円

アドレスV125など

125〜249cc

3600円

VTR250など

250cc以上

6000円

CB400SFなど

 

250cc以上(いわゆる車検有車両)となってくると6000円もバイク所有として税金を払わないといけません。

 

普段からよく乗るバイクならまったく問題ありませんが、ほぼ乗らないようなバイクだとしたらもったいないです。

 

 

 新しくバイクを購入する人が3月下旬から多く出るため

 

 

3月の下旬から5月くらいにかけて入学・入社・転勤など新しい場所においての足確保としてバイクを購入する人たちが増えてきます。

 

バイク屋・バイク業者としては新しく購入する人たちが増えるタイミングで在庫をたくさん確保しておくことにより販売にもつなげることができるため、2・3月は優先して買取をしてくれる傾向にもあるように思います。

 

 

 バイクを売るタイミングは早い方がいいから

 

 

バイクは基本的には年数がたてばたつほど車両の価値は下がってくるので、売りに出すのなら早ければ早いほどいいです。

 

人気の旧車や限定車種などのレアな車両については話が変わりますが、そうでないものについては年々バイク自体の価値は下がっていくのが普通です。

 

来年になると買取額が2〜3万下がったり、ものによってはいっきに5〜10万ガクッと車両価値が下がってしまうこともまれにあります。

 

車両によって変わってくるので一概に言えないので難しいところではありますが、全体的に言うと買取してもらえる金額はどんどん下がるので注意しておきましょう。

 

 

以上3つが2月・3月にバイクを売った方がいい理由でした。

 

3月下旬よりニーズが高まりますし、このままいくと4月に税金もかかってしまうようになるので、2月・3月にバイクを手放すというのは時期的にはおすすめです。

 

愛車の買取価格がわかるオンライン査定サービスを試してみる(査定料無料)

 

 

これからバイクを売るのならどこがいい?

 

これからバイクを売るのならどこがいいか。売る限りやっぱり高く売れるのが一番いいですよね(^^)

 

バイクを売るのに一番高く売ることができるのは個人売買だと思います。いわゆるヤフーオークションですね。

 

オークションでは自分が売りたい価格を決定して出品することができるため、自分自身の希望価格でバイクを売ることができます。自分が納得する価格での出品ができるためバイク自体の価値は高くすることができます。

 

しかし、値段設定を高くしすぎると「売れない」という状態に陥ってしまいます。

 

実際にヤフーオークションに出品したことがある方はご存じだと思いますが、高めの値段設定をしたら入札がなかなか入りません。

 

逆に1円〜スタートとかにすると見る人たちのアクセス数もたくさん増えますが、思った以上に価格が上がらないこともけっこう多いです。

 

あとは値段以外にも配送の手配をしたり、実際に車両を受け取った方からの苦情であったり、書類のやりとりなど、手間やリスクなども増えてくるので注意しないといけないことも多々あります。

 

オークションでの売買をするのなら

  • 半年〜1年かけてじっくり高く売れるのをコツコツ待つ。
  • 購入者の質問にも答えられるように書類関連の知識をもつ。
  • 車両配送の手配についての知識をもつ。
  • トラブルが起きないように現車確認してもらったり、動画や写真をたくさん載せたりする配慮。

これらが必要になってくるかなと思います。

 

 

オークションの出品において安くすればすぐ売れますが、バイク自体の価値も安くして手放してしまうことにもなるし、トラブルがあるかもしれないというリスクもあるためあまりオークションは一般的にはおすすめできないです。

 

オークションの次に高く売れておすすめできる方法

 

オークション(個人売買)の次に高く売れるのがバイク買取専門業者に売ることです。

 

バイク買取専門業者は全国各地にバイク買取する営業所を用意しており、ネットからの買取査定や出張買取の受付をしています。

 

バイク買取専門業者利用の流れとしては、まず最初に自分の愛車の査定をして、次にその査定額に納得がいくようであれば出張買取に来てもらい、現車チェックをして売却するという流れになります。

 

ネットでのオンライン査定を最初に実施しておくことによってある程度の査定目安を見ておくことができるので、売る方も納得しているし、買い取る方も買取に行ったけど買取できなかったというリスクを防ぐことができます。

 

またバイク買取専門業者は買い取った後の流通経路がしっかりしているため、在庫をほとんど抱えることなく他業者に転売したり、実店舗にて販売したりなどするため在庫管理コストを大幅に省くことができています。

 

在庫管理コストを大幅に削減する分、買取の価格において上乗せして買い取ってもらうことができます。

 

コラム:バイク屋さんに売るのはあまりおすすめできない

 

一般的なバイク屋さんは買取をするとほとんどのバイクが在庫としてかかえるようになるため、在庫コストも考えて買取する価格が設定され結果的に安くなる傾向にあります。下取りで新しいバイクを購入するというのがないのならバイク屋さんに売るのはあまりおすすめできないです。

 

 

どのバイク買取専門業者がいいのか?

 

 

バイク買取専門業者によっても力を入れている車種だったり、現時点での欲しいニーズ車種が業者によって違ったりするので一概には言えませんが、やはり大手は強いです。

 

バイク買取専門業者での一番の大手は「バイク王」です。

 

CMでもおなじみのバイク王は知名度はもちろんのこと、買取実績もナンバー1です。

 

私自身バイク王の利用をしたことがありますが、オペレーターの方も話しやすかったので感じがよい印象があります。

 

買取査定依頼を複数社に流したときも価格自体バイク王が一番高かったです。

 

 

私が査定依頼をしてみたのは、ドラッグスター400です。

 

2006年式の走行距離が約18000kmの車両で、バイク王の買取査定がはじき出したのは34万でした。

 

他社のオンライン査定も試しましたが、結果は32万・27万でした。

 

ドラッグスター400のケースはこんな感じでしたが、ほかの車種でもバイク王は幅広く取扱いしているので高く買取してもらえると思います。

 

査定依頼をかけたらすぐに売却確定というわけでもない感じなので、まずはちょっと買取額が知りたいなという感じなのなら、査定を試してみるのがいいと思います。

 

 

バイク王の査定サービスを試してみる

 

まとめ

 

バイクを売るのなら2月・3月はけっこう狙い目です。

 

3月下旬から5月にかけてバイクが売れやすい時期なので、買取も頑張ってくれる傾向にあります。

 

バイクを売るのなら手間やトラブルが一切なく高く買取をしてくれるバイク買取専門業者が一番おすすめ。

 

いろんな買取専門業者がありますが、「バイク王」が知名度・実績も一番高くオペレーターも話しやすかったので、利用するならバイク王が一番無難かなと思います。

 

買取をしてもらう際には、オンライン査定から買取の見積りを出すところから始まるので、今の愛車の価値が気になるという方はオンライン査定をまずは試してみるのがいいと思います。

 

 

 

 

よく見られている記事

バイク買取業者ランキング!バイク買取業者が一番高く売れる理由とは?ドラッグスター400が一番高く売れるお店とは?

バイクの寿命は何kmくらいなの?事故ったバイクも売れるの?バイクを売るベストタイミングとは?

ドラッグスター400(VH01J)の買取相場は?ドラッグスター250の買取相場は?CB400SFの買取相場は?